ピンポン

【意味】 ピンポンとは、ネットを張ったテーブルを挟んで競技者が相対し、ラケットでセルロイド製のボールを打ち合い得点を競う球技。卓球。ping-pong。

【ピンポンの語源・由来】

ピンポンは、1890年代にイングランドの「ジェームス・ギブ」が、アメリカでセルロイド球を見つけて持ち帰ったことが始まりである。
ギブは上流階級の間で流行っていたバドミントンの前身にあたる「バトルドア・アンド・シャトルコック」のラケットで、セルロイド球を打ってみたところ、テーブルに弾めば「ピン」、ラケットに当たれば「ポン」という音がして、打ち合うことを非常に面白いと感じた。
ギブはこれを、遊技用品とスポーツ用品の会社を経営していた隣人の「ジェームス・ジェークス」に紹介した。
ジェームスもこれを絶賛し、「ピンポン」という名を世界中に商品登録し、1898年にはボールとラケットをケースに入れて、「ピンポン・セット」と名付け発売した。
つまり、ピンポンは商品名であり、語源は「ピン」と「ポン」という音である。

【関連語】

網(あみ) 音(おと) オリンピック
キンボール クリケット ゴルフ
サービス サーブ サッカー
スポーツ 玉・球・弾・珠(たま) テニス
バドミントン パラリンピック バレーボール
ブランド 野球(やきゅう) ラケット

【関連リンク】

「卓球」と「ピンポン」の違い

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス