ピーマン

【意味】 ピーマンとは、トウガラシの栽培変種。果実は辛味がなく甘味がある。普通、緑色の若い果実を食用とするが、赤色や黄色のものもある。

【ピーマンの語源・由来】

トウガラシを意味するフランス語「piment(ピマン)」が語源である。
日本には江戸時代にポルトガル人によって伝えられたが、当時入ったものは辛みのあるトウガラシで、甘み種が入ったのは明治初期であった。
その流れから意味がずれて、辛みのないトウガラシを「ピーマン」と言うようになった。
日本で言う「ピーマン」は、フランス語では「poivron(ポワブロン)」、英語では「green pepper(グリーンペッパー)」と言う。
スペイン語で「トウガラシ」を意味する「pimento(ピメント)」も、フランス語「piment」と同源で、「顔料」「塗料」を意味するラテン語「pigmentum」に由来する。
なお、ピーマンが日本で広く栽培されるようになったのは、第二次大戦後である。

【関連語】

赤(あか) アヒアマリージョ 甘い(あまい)
ウルピカ 辛い(からい) 黄色(きいろ)
キダチトウガラシ・木立唐辛子 クコ・枸杞(くこ) サフィニア
シザンサス シシトウ・獅子唐(ししとう) ジャガイモ・じゃが芋
ジロ ダツラ タバコ・煙草(たばこ)
タマサンゴ・玉珊瑚(たまさんご) タマリロ チンジャオロースー・青椒肉絲
ツノナス・角茄子(つのなす) トウガラシ・唐辛子(とうがらし) トマト
ナス・茄子(なす) ニコチアナ ハシリドコロ・走野老
ハバネロ パプリカ ピメント
ヒヨス・菲沃斯(ひよす) ヒヨドリジョウゴ・鵯上戸 ベジタブル
ペチュニア ペッパー ペピーノ
ベラドンナ ホオズキ・酸漿・鬼灯(ほおずき) ポテト
マンドレイク 実(み) 緑(みどり)
ミリオンベル 八百屋(やおや) ロコト
ワルナスビ・悪茄子(わるなすび)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「ピーマン」と「パプリカ」の違い・見分け方 - 違いがわかる事典
ピーマンの類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス