ピラフ

【意味】 ピラフとは、バターで炒めた米に玉ねぎ・肉・エビなどを入れ、香辛料で調味し、スープで炊いた洋風の飯。

【ピラフの語源・由来】

ピラフはトルコ料理で有名であるが、米食の盛んな中近東で広く食べられるもので、原産はインドともいわれる。
元々は、「煮た米と肉」を意味したペルシャ語・トルコ語の「プラウ」「ピラヴ」と呼ばれる料理であった。
これが、フランス語では「pilau」「pilaf」、英語では「pilaf」、イタリア語やルーマニア語でも「pilaf」と呼び、日本では英語を主にフランス語などから「ピラフ」と呼ぶようになった。
一種の焼き飯なのでチャーハンと混同されることもあるが、チャーハンとの違いは、チャーハンが炊いた米を炒めるのに対し、ピラフは炊いていない米を炒める点が大きな違いである。
また、リゾットとの違いは、ピラフが洗った米で作るのに対し、リゾットは洗っていない生米から作るところにある。

【関連語】

洗う(あらう) アランチーニ 炒める(いためる)
エビ・海老・蝦(えび) オートミール お粥(おかゆ)
おこわ おじや おにぎり
おむすび オムライス かやくご飯(かやくごはん)
カレー クッパ 御飯(ごはん)
米(こめ) サムゲタン シシカバブ
ジャンバラヤ スープ 寿司・鮨・鮓(すし)
雑炊(ぞうすい) 炊く・焚く(たく) 出汁(だし)
タマネギ・玉葱(たまねぎ) 粽(ちまき) チャーハン・炒飯
ドリア 七草粥(ななくさがゆ) 肉(にく)
煮る(にる) パエリア バター
ハヤシライス ビーフストロガノフ ビビンバ
飯(めし) ライス リゾット
料理(りょうり) ロコモコ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス