豹変

【意味】 豹変とは、言動が急激に変わること。

【豹変の語源・由来】

『易経(革卦)』の「君子豹変す、小人は面を革む(あらたむ)」に由来する。
これは、豹の毛は季節によって抜け替わり、斑紋が鮮やかになるように、徳のある君子は過ちを改めて善い方に移り変わるが、小人(徳のない人)は表面的に改めるだけで本質は変わらないといった意味である。
つまり、良い方向へ変化することを言ったものだが、現在では悪く変わる意味で用いられる。
豹変が悪い方に変化する意味となったのは、「小人は面を革む」までを含めたというよりも、「豹」という動物の恐ろしいイメージから連想させたものと思われる。

【関連語】

鮮やか(あざやか) 過ち(あやまち) 改める(あらためる)
いきなり 恐ろしい(おそろしい) 革命(かくめい)
変わる(かわる) 毛(け) 青天の霹靂
即座(そくざ) 直ちに(ただちに) 朝令暮改(ちょうれいぼかい)
突如(とつじょ) 突然(とつぜん) 突飛(とっぴ)
突拍子もない(とっぴょうしもない) どんでん返し(どんでんがえし) ヒステリー
ヒョウ・豹(ひょう) 降って湧く(ふってわく) 良い・善い・好い(よい)
臨機応変(りんきおうへん) 悪い(わるい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス