百姓

【意味】 百姓とは、農民。農作業。

【百姓の語源・由来】

百姓は「ひゃくせい」とも読み、「しょう」と読むのは呉音。
「百」は「たくさん」、「姓」は「かばね(豪族が氏(うじ)の下につけた称号)」のことで、古代においては「もろもろの姓を有する公民」の意味であった。
やがて、「一般人民」や「庶民」の意味となり、社会的身分と職業が相応するようになった中世頃より、農民の意味で固定していった。

【関連語】

田舎(いなか) 鍬(くわ) 早乙女(さおとめ)
案山子(かかし) 姓(かばね) 鋤(すき)
田(た) 沢山(たくさん) たわけ者(たわけもの)
苗(なえ) 畑・畠(はたけ) 村(むら)
もんぺ 八百屋(やおや)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス