ヒヤシンス

【意味】 ヒヤシンスとは、ユリ科の多年草。地中海沿岸の原産。春、青・紫・紅・黄・白の花を総状につける。風信子。錦百合。ヒアシンス。

【ヒヤシンスの語源・由来】

ヒヤシンスは英語名「hyacinth」に由来するが、これはギリシャ神話に出てくる美少年「ヒュアキントス(Hyakinthos)」の名に由来する。
ヒュアキントスは太陽神の神アポロンにも、西風の神ゼフィロスにも愛されていた。
ヒュアキントスとアポロンが楽しそうに円盤投げをしている姿を見たゼフィロスは嫉妬し、風を吹かせたところ、アポロンの投げた円盤がヒュアキントスに命中して死んでしまった。
このとき流れ出た血からこの花が咲いたため、彼の名にちなみ「ヒヤシンス」と名付けられたという話である。
ただし、ギリシャ時代のヒヤシンスは、植物学上「アイリス」か「ヒエンソウ」であったと考えられている。
日本に渡来したのは江戸末期で、明治時代には「ヒアシント」と呼ばれていた。

【関連語】

青(あお) アオヤギソウ・青柳草 アサツキ・浅葱・胡葱
アスパラガス アマドコロ・甘野老 アマナ・甘菜(あまな)
アミガサユリ・編笠百合 アロエ イトラン・糸蘭(いとらん)
イヌサフラン・犬サフラン ウバユリ・姥百合(うばゆり) エンレイソウ・延齢草
オーニソガラム オニオン オニユリ・鬼百合(おにゆり)
オモト・万年青(おもと) オリヅルラン・折鶴蘭 ガーリック
カタクリ・片栗(かたくり) カノコユリ・鹿の子百合 神(かみ)
カンゾウ・萱草(かんぞう) 黄色(きいろ) キジカクシ・雉隠(きじかくし)
キスゲ・黄管(きすげ) キチジョウソウ・吉祥草 キヌガサソウ・衣笠草
キバナノアマナ・黄花の甘菜 ギボウシ・擬宝珠(ぎぼうし) キミガヨラン・君が代蘭
ギョウジャニンニク・行者葫 キリンケツ・麒麟竭 キンコウカ・金光花・金紅花
草(くさ) クサスギカズラ・草杉蔓 クルマユリ・車百合
紅(くれない) クロユリ・黒百合(くろゆり) グロリオーサ
コバイケイソウ・小梅けい草 コバイモ・小貝母(こばいも) ササユリ・笹百合(ささゆり)
サルサパリラ サルトリイバラ サルマメ・猿豆(さるまめ)
サンキライ・山帰来 サンセベリア シオデ・牛尾菜(しおで)
ジャノヒゲ・蛇の鬚 シャロット シュロソウ・棕櫚草
ショウジョウバカマ・猩猩袴 シライトソウ・白糸草 白(しろ)
スカシユリ・透百合 スズラン・鈴蘭(すずらん) ソクシンラン・束心蘭
タカサゴユリ・高砂百合 タケシマユリ・竹島百合 タケシマラン・竹島蘭
タマネギ・玉葱(たまねぎ) タマノカンザシ・玉の簪 チオノドクサ
チゴユリ・稚児百合 チトセラン・千歳蘭 チモラン・知母蘭(ちもらん)
チャボゼキショウ・チャボ石菖 チューリップ ツクバネソウ・衝羽根草
ツバメオモト・燕万年青 ツルボ・蔓穂(つるぼ) テッポウユリ・鉄砲百合
トウギボウシ・唐擬宝珠 トリトマ ナギイカダ・梛筏
名前(なまえ) ナルコユリ・鳴子百合 ニシキユリ・錦百合
ニッコウキスゲ・日光黄菅 ニューサイラン・ニュー西蘭 ニラ・韮(にら)
ニンニク・大蒜・葫(にんにく) ネギ・葱(ねぎ) ネバリノギラン・粘芒蘭
ノカンゾウ・野萱草 ノギラン・芒蘭(のぎらん) ノビル・野蒜(のびる)
バイケイソウ・梅けい草 パイナップルフラワー 花・華(はな)
ハナスゲ・花菅(はなすげ) ハナニラ・花韮(はなにら) ハラン・葉蘭(はらん)
春(はる) ヒメサユリ・姫早百合 ヒメユリ・姫百合(ひめゆり)
フウシンシ・風信子 ホウチャクソウ・宝鐸草 ホトトギス・杜鵑草
マイヅルソウ・舞鶴草 ムスカリ ムラサキ・紫(むらさき)
ムラサキクンシラン・紫君子蘭 ヤブカンゾウ・藪萱草 ヤブラン・藪蘭(やぶらん)
ヤマザサ・山笹(やまざさ) ヤマホトトギス・山杜鵑 ヤマユリ・山百合(やまゆり)
ヤマラッキョウ・山薤 ユッカ ユリ・百合(ゆり)
辣韮・辣韭・薤(らっきょう) リーキ ワケギ・分葱(わけぎ)
ワスレグサ・忘れ草・萱草

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス