ひつまぶし

【意味】 ひつまぶしとは、うなぎの蒲焼を細かく刻んで御飯にまぶした料理。名古屋名物。商標名。

【ひつまぶしの語源・由来】

ひつまぶしの語源は、細かく刻んだうなぎの蒲焼をお櫃のご飯にまぶすことからで、漢字で書くと「櫃塗し」となるが平仮名表記されることが多い。
「ひつまむし」とも呼ばれるため、京阪地方で「うなぎ」や「鰻飯」をいう「まむし」を語源とする説もあるが、名古屋周辺地域では「まぶす」を「まむす」とも言うことから、京阪地方の「まむし」は関係ないと思われる。
ひつまぶしの食べ方は、お櫃から茶碗に取り分け、一杯目はそのまま、二杯目にネギやワサビなどの薬味をのせ、三杯目にお茶もしくは出汁をかける食べ方が一般的。
明治時代から作られるようになったものだが、発祥については、まかない料理であったとする説。うなぎの皮は冬になると固くなるので美味しく食べるための工夫であったとする説。大きなお櫃にうなぎをまぶしてお座敷で小分けして出したとする説がある。
最初に始めたお店についても、名古屋市熱田区の「あつた蓬莱軒」とする説と、名古屋市中区錦の「いば昇」とする説がある。
なお、「ひつまぶし」は1987年に「あつた蓬莱軒」が商標登録している。

【関連語】

ウナギ・鰻(うなぎ) お茶(おちゃ) お櫃(おひつ)
蒲焼(かばやき) 皮・革(かわ) 刻む(きざむ)
きしめん 御飯(ごはん) 座敷(ざしき)
出汁(だし) 食べる(たべる) 茶碗(ちゃわん)
土用の丑(どようのうし) 丼(どんぶり) ネギ・葱(ねぎ)
冬(ふゆ) 塗す(まぶす) 鰻(まむし)
飯(めし) 薬味(やくみ) 料理(りょうり)
ワサビ・山葵(わさび)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス