ヒツジ

【意味】 ヒツジとは、偶蹄目ウシ科ヒツジ属の哺乳類の総称。

【ヒツジの語源・由来】

ヒツジの語源には、干支の未からで、未の時は日が西へさがる通路であることから、「日辻(ひつじ)」の意味とする説。
「ヒ」が「髭(ヒゲ)」、「ツ」は助辞、「ジ」が「牛(ウシ)」とする説。
「人牛(ヒトウシ)」が変化したとする説。
「養獣(ヒタスシシ)」の意味とする説。
「養牛(ヒタシウシ)」の意味など、諸説あり未詳。
ヤギの語源には「野牛(ヤギュウ)」の訛りとする説があり、ヤギの「野牛」に対してヒツジが「飼牛」だとすれば、「養牛(ヒタシウシ)」の説が有力で、「ヒタシウシ」→「ヒタウシ」→「ヒツジ」の変化と考えられる。

【関連語】

イノシシ・猪(いのしし) ウール ウサギウマ・兎馬・驢
ウシ・牛(うし) ウマ・馬(うま) カモシカ・羚羊・氈鹿(かもしか)
カリブー ギシギシ・羊蹄(ぎしぎし) キリン・麒麟(きりん)
毛(け) ケッテイ 告朔の餼羊(こくさくのきよう)
シカ・鹿(しか) シダ・羊歯・歯朶(しだ) ジンギスカン
スイギュウ・水牛(すいぎゅう) 多岐亡羊(たきぼうよう) 角(つの)
トナカイ ドンキー ニワトリ・鶏(にわとり)
ヌー バッファロー ヒジキ・鹿尾菜・羊栖菜
未・未年(ひつじ・ひつじどし) 羊雲(ひつじぐも) 羊の歩み(ひつじのあゆみ)
ヒツジバエ・羊蠅(ひつじばえ) ブタ・豚(ぶた) マトン
ムートン ヤギ・山羊(やぎ) ヤク
ヤンピー 羊羹(ようかん) 羊質虎皮(ようしつこひ)
羊水(ようすい) 羊頭狗肉(ようとうくにく) ヨウモウザル・羊毛猿
ラクダ・駱駝(らくだ) ラシャ・羅紗(らしゃ) ラバ・騾馬(らば)
ラム レイヨウ・羚羊(れいよう) ロバ・驢馬(ろば)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス