ひとしお

【意味】 ひとしおとは、他の場合より程度が増すさま。いっそう。ひと際。「喜びもひとしお」などと用いる。

【ひとしおの語源・由来】

ひとしおの「しお(しほ)」は、染め物を染料につける回数のことで、ひとしおは染料に一回浸すことを意味する。
また、二回つけることは「再入(ふたしお)」、何回も色濃く染め上げることは「八入(やしお)」「百入(ももしお)」「千入(ちしお)」「八千入(やちしお)」といった。
一回つける毎に色が濃くなり鮮やかさが増すことから、ひとしおは「ひと際」などを意味する副詞として、平安時代頃から用いられるようになった。
漢字で「一入」と書くのは、染め物を入れる意味からの当て字である。
回数の意味で用いる「しお(しほ)」は上代から見られる語で、語源は「湿らす」「濡れる」などを意味する「霑る(しおる)」か、「潮時」「潮合」などの「しお」とされるが未詳。

【関連語】

剰え(あまつさえ) 著しい(いちじるしい) 一層(いっそう)
弥が上にも(いやがうえにも) 愈々・弥々(いよいよ) 色(いろ)
潮・汐(うしお) 糅てて加えて(かててくわえて) 濃い(こい)
魚(さかな) 更に(さらに) 塩(しお)
湿る(しめる) 折角(せっかく) 染める(そめる)
段々(だんだん) 濡れる(ぬれる) 人一倍(ひといちばい)
一際(ひときわ) 増す・益す(ます) 喜ぶ(よろこぶ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス