ひとりぼっち

【意味】 ひとりぼっちとは、身寄りや仲間がなく、孤独であること。「ひとりぽっち」「ひとりぼち」とも。

【ひとりぼっちの語源・由来】

「一人ぼっち」などと表記されることも多いが、本来の漢字表記は「独法師」や「独り法師」である。
独法師は、宗派・教団などに属さなかったり、離脱した僧侶の境遇をいった言葉で、あてもなく世の中を彷徨い歩くことを「独法師の三界坊」ともいった。
この「独法師(ひとりぼうし)」が変化した言葉が、「ひとりぼっち」である。
「ぼうし」が「ぼっち」や「ぽっち」に変化した由来は、「これっぽっち」など「○○だけ」といった意味があるため、関連付けられたものと考えられる。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス