ひとみ

【意味】 ひとみとは、瞳孔(どうこう)。黒目。まなこ。目。

【ひとみの語源・由来】

ひとみの語源には、「ヒトミ(日止視)」「ヒトミ(人見)」の意味からの二説ある。
「日止視」の意味はよく解らないが、日光を見た時に見えなくなるという意味とすれば、ひとみが見るためのものであるにも関わらず、見えないことを基準に置くのは不自然で考え難い。
ひとみは人を見るだけのものではないため、「人見」の説もおかしいようにも思えるが、相手のひとみを正面から見た時、そこには常に自分(人)の姿が写っているため、この説は十分に考えられる。
漢字「瞳」の「童」は「穴を通す」といった意味で、「わらべ」や「わらわ」ではない。
「瞳」は「眼球を突き抜ける穴」、「瞳孔」を表している。
「眸」の「牟」は、「もとめる」「むさぼる」という意味があり、「眸」は「まぶたを押しのけて見る目」の意味がある。
「瞳」が目の中の黒い部分を指すのに対し、「眸」は、「見開いた目玉」「目を見開いてよく見る」といった意味を含んでいる。

【関連語】

アイブロー 穴・孔(あな) ウインク
顔(かお) がちゃ目(がちゃめ) 体(からだ)
隈・曲・阿(くま) 眩む・暗む・晦む(くらむ) 黒(くろ)
瞬く(しばたく) 秋波(しゅうは) 眇(すがめ)
玉・球・弾・珠(たま) 瞑る(つぶる・つむる) 涙(なみだ)
睨む(にらむ) 日(ひ) 僻目(ひがめ)
光(ひかり) 人(ひと) 瞬ぐ(まじろぐ)
マスカラ 睫・睫毛(まつげ) 眼(まなこ)
眦(まなじり) 瞬き(まばたき) 眩しい(まぶしい)
瞼・目蓋(まぶた) 眉(まゆ) 眉間(みけん)
見る(みる) 貪る(むさぼる) 目・眼(め)
目頭(めがしら) メガネ・眼鏡(めがね) 目が眩う(めがまう)
目尻(めじり) 求める(もとめる) 薮睨み(やぶにらみ)
レンズ ロンパリ 童(わらべ)
童(わらわ)

【関連リンク】

「目」「まなこ(眼)」「瞳」の違い
瞳/眸(ひとみ)の意味・類語・同音異義語
「瞳」に関する雑学

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス