秘書

【意味】 秘書とは、要職の人に直属し、機密の文書や事務などを扱い、その人の補助をする人。また、その職。セクレタリー。

【秘書の語源・由来】

初出は、中国の歴史書『漢書』といわれる。
ここでは「宮中の蔵書」の意味で用いられ、監理する役所を「秘書省」、管理する職は「秘書監」といって、「秘書」のみでは「職(仕事)」や「人」を表していなかった。
日本でも平安時代には「秘書」の語が見られるが、ここでも「秘蔵の書物」「人に見せない本」など、文字通りの意味で用いられていた。
「職」や「人」を表すようになったのは、明治中期に金融機関で採用されたことによる。
英語の「secretary(セクレタリー)」や、オランダ語の「secretaris(セクレタリス)」の語は、江戸時代に日本に入っているが、幕末から明治初期には「書記」と訳されていた。
そのため、「秘書」が「人」を表すようになった頃は、「書記」と合成した「秘書記」という言葉も用いられており、「秘書」が定着したのは大正になってからである。

【関連語】

アシスタント 書く・描く・画く(かく) 家臣(かしん)
銀行(ぎんこう) くノ一(くのいち) 下僕(げぼく)
家来(けらい) 股肱(ここう) 侍(さむらい)
仕事(しごと) 僕・下部(しもべ) 助手(じょしゅ)
助っ人(すけっと) スパイ セクレタリー
走狗(そうく) 手下(てした) 丁稚(でっち)
番頭(ばんとう) 人(ひと) 秘密(ひみつ)
腹心(ふくしん) 武士(ぶし) 本(ほん)
マネージャー 用心棒(ようじんぼう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

秘書(ひしょ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス