顰に倣う

【意味】 顰に倣うとは、善し悪しも考えずに、人のまねをする。また、他人と同じ行動をする際、謙遜して言う言葉としても用いる。西施の顰みに倣う。

【顰に倣うの語源・由来】

「顰(ひそみ)」は動詞「ひそむ(顰む)」の連用形で、眉間にしわを寄せて顔をしかめることを表す。
出典は、中国の『荘子』に見える次のような故事から。
中国の春秋時代、越の国に西施(せいし)という美女がいた。
西施が胸を病み、顔をしかめているのを見た醜女が、自分も眉間にしわを寄せれば美しく見えると思い、里に帰ってそれを真似た。
それを見た人々は、あまりの醜さに気味悪がって、門を固く閉ざして外に出なくなったり、村から逃げ出してしまったという。
そこから、善し悪しも考えずに他人のまねをすることや、他人と同じ行動をする際、見習う気持ちであることを表す謙遜の言葉として、「顰(み)に倣う(西施の顰(み)に倣う)」というようになった。

【関連語】

肖る(あやかる) 顔(かお) 顰める(しかめる)
尻馬に乗る(しりうまにのる) 皺・皴(しわ) 西施捧心(せいしほうしん)
前轍を踏む(ぜんてつをふむ) 糟粕を嘗める(そうはくをなめる) なぞる
習う・倣う・慣らう(ならう) 二の舞(にのまい) 二番煎じ(にばんせんじ)
似る(にる) パクリ・パクる 顰む(ひそむ)
真似(まね) 眉(まゆ) 眉間(みけん)
モノマネ・物真似(ものまね)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

顰みに倣うの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス