飛竜頭

【意味】 飛竜頭とは、関西でいう、がんもどき。粳米(うるちまい)と糯米(もちごめ)の粉を混ぜて練り、油で揚げた食品。飛龍頭。飛竜子。ひりゅうず。ひろうす。ひりうす。

【飛竜頭の語源・由来】

飛竜頭は、ポルトガル語「filhos(フィリョース)」に漢字を当てたもの。
「filhos」とは小麦粉に卵を混ぜ合わせ油で揚げた菓子で、元禄2年(1689年)の『合類日用料理指南抄』にある「ひりやうす」の作り方が近い。
元禄10年(1697年)頃には、ゴボウやキクラゲを炒ったものと、豆腐を擂ったものを混ぜ合わせてまるめ、油で揚げた精進料理の「豆腐巻(とうふけん)」が「飛竜頭」と呼ばれるようになっており、部分的に製法が似た料理に「飛竜頭」の名が用いられた結果、「がんもどき」を指すようになったと考えられる。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス