ヒラメ

【意味】 ヒラメとは、カレイ目カレイ科の海水魚。広義にはヒラメ科・ダルマガレイ科、コケビラメ科の一部を含む海魚の総称。体は平たい楕円形で、一般に両眼が体の左側にある。口はカレイに比べ大きい。比目魚。

【ヒラメの語源・由来】

ヒラメの名は、中世末期頃から見られる。
ヒラメの語源は、平たい体に目が二つ並んでいることから「平目」の意味とする説。
同様に、片平に目が並んでいるある魚なので、「比目魚」の意味とする説などがある。
しかし、古語では「平らなさま」を「ひらめ」というため、そのまま「平らな魚」で「ひらめ」。 また、ヒラメの「メ」は「ヤマメ」「アイナメ」などと同じく、「魚」を意味する「メ」で「平らなメ(魚)」からとも考えられる。

【関連語】

アイナメ・鮎魚女・鮎並 アナゴ・穴子(あなご) アラメガレイ・粗目鰈
アンコウ・鮟鱇(あんこう) ウシノシタ・牛の舌 海(うみ)
エイ・海鷂魚(えい) 縁側(えんがわ) オヒョウ・大鮃(おひょう)
体(からだ) カレイ・鰈(かれい) ガンゾウビラメ・雁雑鮃・雁雑鮃
コウベダルマガレイ・頭達磨鰈 コケビラメ・苔平目 ゴンズイ・権瑞(ごんずい)
魚(さかな) シタビラメ・舌鮃・舌平目 平ら(たいら)
タマガンゾウビラメ・玉雁雑鮃 ダルマガレイ・達磨鰈 テンジクガレイ・天竺鰈
トゲダルマガレイ・棘達磨鰈 ドジョウ・泥鰌(どじょう) ナマズ・鯰(なまず)
左(ひだり) 平たい(ひらたい) 目・眼(め)
メガレイ・眼鰈(めがれい) ヤマメ・山女(やまめ) ヤリガレイ・槍鰈(やりがれい)

【関連リンク】

「ヒラメ」と「カレイ」の違い

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス