ひらがな

【意味】 ひらがなとは、仮名の一種。漢字の草体から作られた草仮名をさらに簡略化した音節文字。女手。女文字。

【ひらがなの語源・由来】

ひらがなの成立は平安初期であるが、「ひらがな」という言葉は16世紀以降に見られる言葉で、「片仮名」と区別するために、「普通の仮名」の意味で「平仮名」と呼ばれるようになった。
ひらがなは、当初、主に女性が用いたことから、「女手(おんなで)」や「女文字(おんなもじ)」とも呼ばれた。
「女手」や「女文字」の対となる「男手」「男文字」は、「カタカナ」ではなく「漢字」である。
平安末期には、ひらがなの字体は約300種類あったが、時代とともに整理され、明治時代には100種類ほどになった。
1900年(明治33年)の『小学令施行規則』により、ひらがなは「いろは」の47文字と「ん」の48文字に統一され、それ以外は変体仮名として区別するようになった。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス