ヒノキ

【意味】 ヒノキとは、ヒノキ科の常緑高木。日本特産。樹皮は赤褐色で屋根材に用い、材は淡黄色で芳香があり、建築・家具・船舶・彫刻などに重用される。

【ヒノキの語源・由来】

ヒノキは精油を含み、火がつきやすい硬さであるあため、この木の摩擦で火を起こしたことから、「火の木」の意味とする説が多く見られるが、上代特殊仮名遣いで「火」は乙類、ヒノキの「ヒ」は甲類であるため、妥当とはいえない。
その他、神宮の用材に用いるところから「霊(ひ)の木」、「日」は太陽を表す最も古い語形で最高のものを表すところから「日の木」とする説があり、「日」「霊」共に甲類なので、いずれかがヒノキの語源と考えられる。
漢字の「檜(「桧」は略字)」は、中国では「イブキビャクシン」を指す。

【関連語】

アケボノスギ・曙杉 アスナロ・翌檜(あすなろ) アロマテラピー
イトスギ・糸杉(いとすぎ) イブキ・伊吹(いぶき) エッセンシャルオイル
エンピツビャクシン・鉛筆柏槙 飫肥杉(おびすぎ) 神(かみ)
木・樹(き) 北山杉(きたやますぎ) クロベ
コウヤマキ・高野槙(こうやまき) コウヨウザン・広葉杉 コノテガシワ・児手柏・側柏
サイプレス サワラ・椹(さわら) ジュニパー
シンパク・槙柏(しんぱく) スイショウ・水松(すいしょう) スギ・杉・椙(すぎ)
セコイア ヌマスギ・沼杉(ぬますぎ) ネズ・杜松(ねず)
ネズコ・鼠子(ねずこ) ハイネズ・這杜松(はいねず) ハイビャクシン・這柏槙
火(ひ) 日(ひ) 桧舞台・檜舞台(ひのきぶたい)
ヒムロ・姫榁(ひむろ) ベイスギ・米杉(べいすぎ) ベイヒバ・米檜葉(べいひば)
マツ・松(まつ) メタセコイア

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス