雛人形

【意味】 雛人形とは、ひな祭りに飾る人形。おひなさま。ひな。内裏雛・三人官女・五人囃子・随身(ずいじん)・衛士(えじ)などを一組とすることが多い。

【雛人形の語源・由来】

雛人形の「雛(ひな)」は、「ひよこ」との関連から「小さい」や「愛らしい」といった意味でついた呼称で、雛をかたどったことからついたものではない。
雛人形は、穢れ(けがれ)や災いを移して流す「人形(ひとがた)」が起源とされ、平安時代に始まった。
当時の雛人形は紙や土で作った立ち雛で、座り雛になったのは室町期頃から。
三月三日の桃の節句に雛人形を飾るようになったのは、江戸時代以降のことである。

【関連語】

愛くるしい(あいくるしい) 愛らしい(あいらしい) アバター
アンドロイド 市松人形(いちまつにんぎょう) オモチャ・玩具(おもちゃ)
案山子(かかし) 紙(かみ) 汚れる・穢れる(けがれる)
こけし サイボーグ 座る・坐る(すわる)
節句(せっく) 立つ(たつ) ダルマ・達磨(だるま)
小さい(ちいさい) 土(つち) てるてる坊主(ぼうず)
ドール 人形(にんぎょう) 人間(にんげん)
ぬいぐるみ 羽子板(はごいた) 埴輪(はにわ)
ビスクドール 人(ひと) 雛(ひな)
ひな祭り(ひなまつり) ヒューマノイド 雛(ひよこ)
フィギュア 雪洞(ぼんぼり) マスコット
マトリョーシカ マネキン マリオネット
モデル 桃の節句(もものせっく) 弥生(やよい)
ロボット 災い(わざわい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

関東雛と京雛の違い・並べ方・見分け方 - 違いがわかる事典
雛人形の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス