ひも

【意味】 ひもとは、物を縛ったり、括ったり、結んだりするのに用いる細長いもの。一般に、糸より太く、綱より細いものをいう。ひぼ。女性を働かせ金品を貢がせる情夫。

【ひもの語源・由来】

ひもは「ひきむすぶ(引き結ぶ)」や、「ゆひを(結緒)」の意味からとする説が妥当。
古くは、夫婦や恋人が別れる際、互いの紐を解いて結び合い、再び会う日までその紐を解かないと誓っていたことから、霊能の意味をもつ「ひめ(秘)」に「を(緒)」の「ひめを(秘緒)」が略されたとする説もある。
「ひぼ」は「ひも」の訛り。
漢字の「紐」は、「糸」と「ねじる」「曲げる」を意味する「丑」からなる会意兼形声文字。
女性を働かせて貢がせる情夫を「ヒモ」、そのような情夫がいる女性を「ヒモ付き」というのは、たぐっていくと男性がいるところからである。
一見、独り身と思われる女性に恋人や夫がいることを「紐が付いている」といい、元々は「貢がせる」といった意味は含まれていなかった。
そこから、飲み屋などで女性が前面に立って働いているため、付き合っている男性がいないと思っていたところ、実は恋人や夫がいることから「ヒモ付き」といい、更に女性に働かせ貢がせる情夫を「ヒモ」と呼ぶようになった。
糸や綱、縄などでないのは、物をしばったりする「紐」の語源で解説のとおり、古くから男女関係における象徴的なものであったことに通じる。
ヒモの語源説には、海女さんが海の中に潜り、息が続かなく限界になると腰に付けた紐を引いて船の上の男に合図し、男性はその合図で紐をたぐり寄せる。
その間、男性は船の上で待っているだけなので、「ヒモ」というようになったとする説もあるが、上記のとおり、最初から「ヒモ」に「貢がせる」といった意味は含まれていない。
仮に「貢がせる」の意味があったとしても、船の上にいる男性は船の操縦や釣りの仕事があり、ただ待っているだけではないので当てはまらない。

【関連語】

海女(あま) 糸(いと) 丑・丑年(うし・うしどし)
緒(お) 夫(おっと) 男(おとこ)
帯(おび) 女(おんな) 彼(かれ)
括る(くくる) ケーブル 弦(げん)
コード 紙縒り(こより) ザイル
竿師(さおし) 真田紐(さなだひも) 仕事(しごと)
ジゴロ 縛る(しばる) ストラップ
ストリング 側室(そくしつ) 手綱(たづな)
美人局(つつもたせ) 綱(つな) 弦(つる)
テープ 縄(なわ) 二号(にごう)
捩る・捻る・拗る(ねじる) 働く(はたらく) パトロン
曲がる(まがる) 貢ぐ(みつぐ) 結ぶ(むすぶ)
妾(めかけ) リボン リリヤン
ロープ ワイヤー 若いツバメ(わかいつばめ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス