卑怯

【意味】 卑怯とは、心がいやしい。卑劣。ずるい。臆病である。勇気がない。

【卑怯の語源・由来】

卑怯は当て字で、本来は「比興」と書いた。
比興は、古代中国の詩集『詩経』の「六義」に由来する。
六義は、内容・性質を「風」「雅」「頌」、表現を「賦」「比」「興」に分類した分類法。
「比」は直喩、「興」は隠喩を表し、比興は他の物にたとえておもしろく表現することをいった。
日本では、中世頃から、おもしろく興がある意味で用いられたが、「おかしい」「馬鹿げている」「愚劣だ」といった意味に転じた。
これは、常軌を逸した表現が現れたことで、「興醒めである」意味の「非興」からとも、「非道」を意味する「非拠」からともいわれる。
近世以降、「正々堂々としていない」「勇気がない」「卑劣だ」といった意味でも用いられるようになり、「卑怯」の字が当てられるようになった。

【関連語】

阿漕(あこぎ) あざとい 浅ましい(あさましい)
意気地(いくじ) 裏切る(うらぎる) 可笑しい(おかしい)
臆病(おくびょう) 面白い(おもしろい) 汚い(きたない)
興醒め(きょうざめ) 腰抜け(こしぬけ) 姑息(こそく)
さもしい 狡い(ずるい) 堂々(どうどう)
腹黒い(はらぐろい) 酷い(ひどい) 腑抜け(ふぬけ)
女々しい(めめしい) 邪(よこしま) 悪い(わるい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

卑怯(ひきょう)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス