筆耕

【意味】 筆耕とは、写字や清書で報酬を受けること。文筆によって生計を立てること。

【筆耕の語源・由来】

「筆耕硯田」や「心織筆耕」のように、文筆家のすずりを農夫が田を耕すことのたとえから生じた語で、江戸時代から用いられている。
古くは、筆の使い方や筆者への謝礼の言葉として「筆功」や「筆工」が用いられた。
「筆耕」が用いられるのに伴ない、「筆功」や「筆工」の表記は衰退していったようだが、使用時の意味が異なることから関係は定かでない。

【関連語】

写す・映す・移す(うつす) 書く・描く・画く(かく) 稼ぐ(かせぐ)
金(かね) ギャラ 仕事(しごと)
心織筆耕(しんしょくひっこう) 硯(すずり) 田(た)
耕す(たがやす) 駄賃(だちん) 手当て(てあて)
生業(なりわい) 野良仕事(のらしごと) 筆耕硯田(ひっこうけんでん)
筆(ふで) 文・書(ふみ) ボーナス
文字(もじ) ワープロ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス