ヒイラギモチ

【意味】 ヒイラギモチとは、モチノキ科の常緑高木。ヨーロッパ・西アジア・北アフリカ原産。秋から冬に赤い小球形の実を結ぶ。西洋ヒイラギ。ホーリー。

【ヒイラギモチの語源・由来】

ヒイラギモチは、葉が「ヒイラギ」に似ていることからの名。
日本在来のヒイラギはモクセイ科、ヒイラギモチはモチノキ科で、種類は異なる。
ヒイラギモチは、常緑で赤い球形の実が冬に目立つことから、古くから聖木とされ、実のついた枝はクリスマスの飾りに用いられるようになった。

【関連語】

アオハダ・青肌(あおはだ) 赤(あか) 秋(あき)
イェルバ・マテ イヌツゲ・犬黄楊(いぬつげ) ウメモドキ・梅擬(うめもどき)
枝(えだ) 木・樹(き) クリスマス
クリスマスツリー クロガネモチ・黒鉄黐 ゴールドクレスト
セイヨウヒイラギ・西洋柊 ソヨゴ・冬青(そよご) 玉・球・弾・珠(たま)
タマミズキ・玉水木(たまみずき) タラヨウ・多羅葉(たらよう) ツルツゲ・蔓黄楊(つるつげ)
トウヒ・唐檜(とうひ) ナナミノキ・七実の木 葉(は)
ヒイラギ・柊(ひいらぎ) ヒメモチ・姫黐(ひめもち) フウリンウメモドキ・風鈴梅擬
冬(ふゆ) ポインセチア ホーリー
マテ茶(ちゃ) 実(み) モクセイ・木犀(もくせい)
モチノキ・黐の木(もちのき) モミ・樅(もみ) ヤバネヒイラギモチ・矢羽柊黐

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス