ヒイラギ

【意味】 ヒイラギとは、モクセイ科の常緑小高木。葉は卵形で厚くて硬く、縁先にはトゲ状になった鋭鋸歯がある。節分にはイワシの頭をつけて戸口にさすと悪鬼を追い払うという。ひらぎ。

【ヒイラギの語源・由来】

ヒイラギは葉のトゲに触れるとヒリヒリ痛むことから、「ひりひり痛む」という意味の古語「ひひらく(疼く)」に由来する。
『古事記』に「比々羅木(ひひらぎ)」とあることから、「ギ」は「木」のことで、「ひひらく木」が語源であろう。
漢字の「柊」は、中国で「木名」という説明はあるものの植物の種類としては見られないため、日本で当てられた漢字と思われる。
「柊」が当てられた由来は、「冬」の意味もあるとは思うが、「ひひらく」の漢字「疼」と関連づけられたものと考えられる。
正月や節分にヒイラギを飾る風習は平安時代から行われていたが、節分に鰯の頭をつけて戸口に挿す風習は近世以降から行われるようになった。
クリスマスの飾りで使うのは、このヒイラギではなく、「西洋柊(せいようひいらぎ)」とも呼ばれるモチノキ科の「ヒイラギモチ」のことである。

【関連語】

アオダモ 頭(あたま) 痛い(いたい)
イタチグサ・鼬草(いたちぐさ) イボタノキ・水蝋樹・疣取木 イワシ・鰯(いわし)
鰯の頭も信心から ウスギモクセイ・薄黄木犀 疼く(うずく)
オウバイ・黄梅(おうばい) オウバイモドキ・黄梅擬 鬼(おに)
オリーブ 木・樹(き) キンモクセイ・金木犀
ギンモクセイ・銀木犀 クリスマス ゲイシュンカ・迎春花
シオジ・塩路(しおじ) ジャスミン 正月(しょうがつ)
節分(せつぶん) ソケイ・素馨(そけい) 卵・玉子(たまご)
トウネズミモチ・唐鼠黐 刺・棘(とげ) トネリコ
ネズミモチ・鼠黐(ねずみもち) 葉(は) ハシドイ
ヒイラギ・柊魚(ひいらぎ) ヒイラギソウ・柊草 ヒイラギナンテン・柊南天
ヒイラギモクセイ・柊木犀 ヒイラギモチ・柊黐(ひいらぎもち) ヒトツバタゴ・一つ葉たご
冬(ふゆ) マツリカ・茉莉花(まつりか) モクセイ・木犀(もくせい)
ヤチダモ・谷地だも ライラック レンギョウ・連翹(れんぎょう)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス