ひげ

【意味】 ひげとは、人間、特に男性の口の上・あご・ほおなどに生える毛。動物の口の周りに生える長い毛や毛状の突起。昆虫の触覚。ヒゲ。

【ひげの語源・由来】

ひげの語源には、「ホホゲ(頬毛)」が転じて「ヒゲ」になったとする説。
魚のヒレのように生えることから、「ヒレゲ(鰭毛)」が転じて「ヒゲ」になったとする説。
へりにある毛なので、「ヘゲ(辺毛)」「ヘリゲ(辺毛)」の意味とする説。
口の周りにあることから、「ヒラクケ(開毛)」の意味とする説。
「ひ」は朝鮮語で「口」を表す「ヒ(ip)」に由来し、「ヒ(口)」の毛で「ヒゲ」になったとするなど諸説あるが未詳。
「頬毛」や「鰭毛」の説は、頬のヒゲのみを表しているため考え難いが、元々、ヒゲが頬に生える毛のみを表していたと特定できれば、このいずれかの説で良いであろう。
あごや頬も含めたヒゲという点からすれば、口の周りに生える毛「ヒラクケ(開毛)」の説が良いが、「口」をあえて「開く」と表現するとは考えられない。
口の周りに生える毛という意味では、「くちびる」の語源とも通じることから、「ヘゲ(辺毛)」「ヘリゲ(辺毛)」の説が良い。
漢字表記は主に「髭」が用いられるが、漢字によって表す箇所が異なり、「髭」は「口ひげ」、「鬚」は「あごひげ」、「髯」は「ほおひげ」と書き分けられる。

【関連語】

アカヒゲ・赤髭(あかひげ) 顎(あご) イヌノヒゲ・犬の鬚
イワヒゲ・岩鬚(いわひげ) 尾(お) 男(おとこ)
御髭の塵を払う 顔(かお) 髪(かみ)
体(からだ) 皮・革(かわ) 口(くち)
唇(くちびる) 毛(け) 虎鬚を編む(こしゅをあむ)
昆虫(こんちゅう) 魚(さかな) サンタクロース
尻尾(しっぽ) ジャノヒゲ・蛇の鬚 シラヒゲソウ・白鬚草
皺・皴(しわ) タツノヒゲ・竜の鬚(たつのひげ) 鬣(たてがみ)
爪(つめ) 床屋(とこや) ドジョウ・泥鰌(どじょう)
ナマズ・鯰(なまず) 人間(にんげん) ハゲ・禿(はげ)
肌・膚(はだ) ヒゲカビ・鬚黴(ひげかび) 髭食い反らす(ひげくいそらす)
ヒゲクジラ・鬚鯨(ひげくじら) 髭を撫でる(ひげをなでる) 開く(ひらく)
鰭(ひれ) 鬢(びん) 縁(へり)
頬(ほお・ほほ) 睫・睫毛(まつげ) 眉(まゆ)
揉み上げ(もみあげ) ヤギ・山羊(やぎ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス