【意味】 東とは、方角のひとつ。東方。太陽の出る方角。西の反対。

【東の語源・由来】

東は、「ひんがし」の音変化した語。
「ひんがし」は「ひむかし」が転じた語で、「ひむかし」「ひむがし」「ひんがし」と音変化して、「ひがし」となった。
「ひむかし」は太陽が登る方角を意味する「日向処(日向かし)」が語源とも言われるが、「し」は「あらし(嵐)」の「し」など「風」を意味する言葉で、「日向風」の意味とする説が有力とされる。
漢字の「東」は「木+日」の会意文字で、木の間から日が出る様子を表しているといわれていたが、現在では誤りとされ、漢字「東」の正しい由来は、中に心棒を通し、両端をしばった袋を描いた象形文字となっている。

【関連語】

東・吾妻(あずま) 東屋・四阿(あずまや) 彼処・彼所(あそこ)
彼方此方(あちこち) 彼方(あちら) 彼方(あっち)
嵐(あらし) 彼(あれ) 卯・卯年(う・うどし)
上(うえ) 後ろ(うしろ) 内(うち)
裏(うら) 奥(おく) 御天道様(おてんとうさま)
表(おもて) 風・風邪(かぜ) 角(かど)
彼方(かなた) 側(かわ) 木・樹(き)
北(きた) 鬼門(きもん) 際(きわ)
隈・曲・阿(くま) 此処(ここ) 東風(こち)
此方(こちら) 此方(こっち) 此方(こなた)
此れ(これ) 境(さかい) 先(さき)
下(した) 東雲(しののめ) 直ぐ(すぐ)
隅・角(すみ) 底(そこ) 其方(そちら)
其方(そっち) 外(そと) 側・傍(そば)
そんじょ其処ら(そんじょそこら) 太陽(たいよう) 縦(たて)
端(つま) 所・処(ところ) 何方(どちら)
何方(どっち) 中(なか) 斜め(ななめ)
西(にし) 端(はし) 馬耳東風(ばじとうふう)
斜(はす) 遥か(はるか) 日(ひ)
左(ひだり) 日向(ひなた) 袋(ふくろ)
縁(ふち) 縁(へり) 棒(ぼう)
前(まえ) 右(みぎ) 南(みなみ)
向こう(むこう) 元・本・基(もと) 横(よこ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

東(ひがし)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
東のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典
「東」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス