左うちわ

【意味】 左うちわとは、生活が豊かで気楽な生活を送ること。左扇(ひだりおうぎ)とも。

【左うちわの語源・由来】

左うちわは、一般的に利き手が右手であることから。
利き手でない左手でうちわや扇をゆっくりと使う姿は、あくせく働く必要がなく、ゆったりした生活を送っているよう見えるため、「左うちわ」や「左おうぎ」と言うようになった。

【関連語】

齷齪(あくせく) 団扇(うちわ) 扇(おうぎ)
大盤振る舞い(おおばんぶるまい) 書き入れ時(かきいれどき) 黒字(くろじ)
豪奢(ごうしゃ) 極楽とんぼ(ごくらくとんぼ) サウスポー
出世(しゅっせ) 贅沢(ぜいたく) セレブ
素封家(そほうか) 大尽(だいじん) 玉の輿(たまのこし)
長者(ちょうじゃ) 手(て) とんとん拍子
成金(なりきん) 暢気・呑気(のんき) 働く(はたらく)
羽振りがいい(はぶりがいい) 左(ひだり) 左利き(ひだりきき)
左ぎっちょ(ひだりぎっちょ) 太っ腹(ふとっぱら) 右(みぎ)
楽天(らくてん) リッチ リラックス

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス