ひばり

【意味】 ひばりとは、スズメ目ヒバリ科の鳥。全長約17センチ。体は褐色で黒い縦斑があり、頭頂に冠羽をもつ。告天子。

【ひばりの語源・由来】

奈良時代から見られる名。
語源は、晴れた日に空高くのぼり鳴くところから、「日晴(ひはる)」の意味が定説となっている。
しかし、ヒバリの鳴き声を模した表現には「ピーチュク」「ピーパル」「ピーピーカラカラ」、また「ピーチクパーチクひばりの子」と言うように、「P」や「R」など「ひばり」に通じる音が多いことから、鳴き声の「ピパリ」とする説もある。
漢字の「雲雀」は、雲に届くほど天高く飛翔する雀に似た鳥の意味から。

【関連語】

頭(あたま) イワヒバリ・岩雲雀(いわひばり) オオヒバリ・大雲雀(おおひばり)
カンムリヒバリ・冠雲雀 キヒバリ・木雲雀(きひばり) クサヒバリ・草雲雀(くさひばり)
クビワコウテンシ・首輪告天子 雲(くも) 黒(くろ)
声(こえ) コクテンシ・告天子(こくてんし) コヒバリ・小雲雀(こひばり)
スズメ・雀(すずめ) 空(そら) 高い(たかい)
タヒバリ・田雲雀(たひばり) 飛ぶ・跳ぶ(とぶ) トリ・鳥(とり)
泣く・鳴く・啼く(なく) 上る・登る・昇る(のぼる) ハマヒバリ・浜雲雀(はまひばり)
晴れ(はれ) 日(ひ) ヒバリガイ・雲雀貝(ひばりがい)
雲雀骨(ひばりぼね) 雲雀結び(ひばりむすび) ヒメコウテンシ・姫告天子

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス