【意味】 日とは、太陽。日光。朝から夕まで。昼間。陽。地球が一回自転する間。二十四時間。日数。ひにち。一日。天候。日和。にち。じつ。か。

【日の語源・由来】

元々「太陽」を指し、太陽が昇り沈むことから「一日」も表すようになった言葉である。
「太陽」は燃え盛っているもので、『名義抄』には「日、陽、火 ヒ」とあるので、語源は「火」もしくは「火」と同源と考えることができる。
しかし、上代特殊仮名遣いで「日」の「ひ」は「甲類」、「火」の「ひ」は「乙類」であることから、「火」の「ひ」は別語で語源は未詳である。
漢字の「日」は太陽を描いたもので、「にち」と読むのは「呉音」、「じつ」と読むのは「漢音」である。

【関連語】

朝(あさ) 明後日(あさって) 明日(あした)
明日(あす) 十六夜(いざよい) 何時(いつ)
古(いにしえ) 今(いま) 宇宙(うちゅう)
閏年(うるうどし) 干支(えと) 縁日(えんにち)
大晦日(おおみそか) 御天道様(おてんとうさま) 一昨日(おととい)
オヒシバ・雄日芝(おひしば) 日(か) 陰・蔭・翳・影(かげ)
カレンダー 元日(がんじつ) 元旦(がんたん)
昨日(きのう) 今日(きょう) 暮れ(くれ)
小春日和(こはるびより) 暦(こよみ) 頃(ころ)
朔望月(さくぼうげつ) サルスベリ・百日紅・猿滑 明々後日(しあさって)
十五夜(じゅうごや) 四六時中(しろくじちゅう) 世紀(せいき)
節句(せっく) 太陽(たいよう) 父の日(ちちのひ)
一日・朔日・朔(ついたち) 月(つき) 晦・晦日(つごもり)
天気(てんき) 十日の菊(とおかのきく) 時(とき)
時の代官日の奉行 時計(とけい) 年・歳(とし)
土用の丑(どようのうし) ナヌカザメ・七日鮫(なぬかざめ) 日記(にっき)
ニッコウキスゲ・日光黄菅 ハツカネズミ・二十日鼠 母の日(ははのひ)
晴れ(はれ) バレンタインデー 火(ひ)
日を同じくして論ぜず ヒカゲツツジ・日陰躑躅 光(ひかり)
ヒグラシ・蜩・茅蜩・秋蜩・日暮 日暮れて道遠し 日向(ひなた)
日向ぼっこ(ひなたぼっこ) ヒバカリ・日計・竹根蛇 ヒマワリ・向日葵(ひまわり)
ヒャクニチソウ・百日草 秒(びょう) 日和(ひより)
昼(ひる) 分(ふん) 平年(へいねん)
星(ほし) ホワイトデー 三日坊主(みっかぼうず)
六日の菖蒲 昔(むかし) メーデー
メヒシバ・雌日芝(めひしば) 燃える(もえる) 夕方(ゆうがた)
ローマは一日にして成らず 惑星(わくせい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス