枇杷

【意味】 枇杷とは、バラ科の常緑高木。中国原産。果樹として栽培するが、西日本の一部に野生種がある。

【枇杷の語源・由来】

枇杷が初めて文献に登場するのは、2世紀頃に書かれた中国の語学書『釈名(しゃくみょう)』で、「推手前日批、引手却日把」とある。
これは、琵琶の「批(琵)」と「把(琶)」の意味が演奏方法にあることを述べたものであり、元々は楽器の琵琶が「枇杷」と表記されていたことがわかる。
植物のビワが「枇杷」と表記されるようになるのは3~4世紀ほど後で、枇杷の栽培が盛んになり始めた頃と通じ、枇杷の形が楽器の「琵琶」と似ていることから付いた名と考えられる。
枇杷の葉の形が「琵琶」に似ているためと言われることもあるが、似ているのは葉の形ではなく実の形である。
その他、枇杷の語源には「ヒロハ(広葉)」の意味とする説もあるが、「ビハ(ビワの歴史的仮名)」が和語と誤解されていたため生まれた説である。

【関連語】

アーモンド アップル アプリコット
アンズ・杏子・杏(あんず) イチゴ・苺(いちご) イヌザクラ・犬桜(いぬざくら)
ウメ・梅(うめ) 大島桜(おおしまざくら) カイドウ・海棠(かいどう)
カリン・花梨(かりん) キイチゴ・木苺(きいちご) 果物(くだもの)
サクラ・桜(さくら) サクランボ サンザシ・山査子(さんざし)
シャリンバイ・車輪梅 ストロベリー スモモ・李(すもも)
ソメイヨシノ・染井吉野 チェリー デザート
ナシ・梨(なし) ナナカマド・七竈(ななかまど) 葉(は)
バクチノキ・博打の木 ハマナス・浜茄子(はまなす) バラ・薔薇(ばら)
ピーチ 彼岸桜(ひがんざくら) 琵琶(びわ)
プラム フルーツ プルーン
ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご) ボケ・木瓜(ぼけ) 実(み)
モモ・桃(もも) 八重桜(やえざくら) ヤマブキ・山吹(やまぶき)
ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ) ラズベリー リンゴ・林檎(りんご)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス