びた一文

【意味】 びた一文とは、ほんの僅かな金銭。鐚一文。

【びた一文の語源・由来】

びた一文の「びた」は、「鐚銭(びたせん・びたぜに)」の略。
「鐚」の漢字は、「金」と「悪」を合わせた国字で、価値の低い粗悪な銭貨を意味する。
室町中期から江戸初期にかけて私鋳され、特に、中国の永楽銭以外の私鋳銭や、寛永通宝鋳造後の鉄銭をさす。
そのような粗悪な銭も出せない意味から、「びた一文まけられない」などと使われるようになった。
鐚銭のびたの語源は、鐚銭が平たいことから、「薄べた」「平べったい」などの「べた」が転訛したと考えられる。

【関連語】

泡銭(あぶくぜに) 薄い(うすい) おまけ
金(かね) がめつい キセル乗車(きせるじょうしゃ)
ケチ 小銭(こぜに) 薩摩の守(さつまのかみ)
三文判(さんもんばん) 若干(じゃっかん) せこい
銭(ぜに) チャリ銭(ちゃりせん) 虎の子(とらのこ)
二束三文(にそくさんもん) 払う(はらう) 平たい(ひらたい)
ボランティア 安い・易い(やすい) 利益(りえき)
利息(りそく) ロハ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス