尾籠

【意味】 尾籠とは、猥褻であったり不潔であったりして、人前で口にするのが失礼なこと。尾篭。

【尾籠の語源・由来】

「ばかげていること」「愚かなさま」を意味する和語「をこ(痴)」を当て字で「尾籠」とし、さらに音読みした和製漢語。
当て字として用いられるようになったのは鎌倉時代以降で、文書で多く「尾籠」と書かれるうちに音読されるようになった。
室町時代には、「無礼」「無作法」の意味で用いられるようになり、意味が拡大されて汚い意味が含まれるようになった。

【関連語】

いけしゃあしゃあ 嫌らしい(いやらしい) エッチ
エチケット おこがましい おめおめ
けしからん 下種(げす) さもしい
セクハラ 恥(はじ) はしたない
ハレンチ・破廉恥(はれんち) 卑猥(ひわい) 顰蹙を買う(ひんしゅくをかう)
ポルノ マナー みっともない
モラル 露骨(ろこつ) 猥褻(わいせつ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス