ビキニ

【意味】 ビキニとは、胸と腰をわずかに覆うだけのセパレーツ型(ツーピース型)の女性用水着。ビキニスタイル。

【ビキニの語源・由来】

原水爆実験に由来する。
1946~58年にアメリカの原子爆弾・水素爆弾の実験が、中部太平洋マーシャル諸島共和国の北西部に位置する小環礁の「ビキニ」で行われた。
その最初の年1946年の7月5日に、フランスのデザイナー ルイ・レアールが、セパレーツ型の大胆な水着を世界で初めて発表した。
それ以前に発表されていた大胆な水着が、最も小さい意味で「アトム(原子)」と呼ばれていたことや、同じ年に原水爆実験がビキニ環礁で行われたことから、その衝撃をなぞらえ「ビキニ」と呼ばれるようになった。

【関連語】

アロハシャツ ウエスト 海(うみ)
おっぱい キャミソール 腰(こし)
シミーズ・シュミーズ 襦袢(じゅばん) 尻(しり)
タンガ タンキニ タンクトップ
小さい(ちいさい) 乳(ちち) バスト
パレオ パンツ ビーチ
ヒップ ファッション ブラジャー
ブルマー 褌(ふんどし) ボイン
股(また) 胸(むね) レオタード

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス