ビー玉

【意味】 ビー玉とは、子供の遊びなどに用いる直径1~2cmほどのガラス玉。

【ビー玉の語源・由来】

ビー玉の「ビー」は、ポルトガル語で「ガラス玉」を意味する「ビードロ(vidro)」の略。
「ビードロ」という語は、室町時代末期から江戸時代にかけて多く使用され、現代では吹くと音がするガラス細工の「ポッペン」を「ビードロ」と呼ぶ。
ビー玉遊びは、江戸時代に盛んに行われた小石などを投げる子供の遊び「穴一」を受け継ぎ、明治中期から流行した。
当初、この遊びはラムネ瓶のガラス玉を使っていたため、「ラムネ玉」と呼ばれていたが「ビー玉」に落ち着いた。
製造現場の言葉で、規格外で不良品のB級の玉を「B玉」と呼ぶことを語源とする説もあるが、「ビー玉」という言葉は、子供の遊びの場から生まれた言葉で、子供が製造会社の「A玉」や「B玉」といった言葉を知っていたとは考え難く、「ビードロ玉」の用例は見られるのに対し、「B玉」が「ビー玉」として発売されたというような文献も見当たらない。

【関連語】

遊び(あそび) 穴一(あないち) 石(いし)
オモチャ・玩具(おもちゃ) ガラス・硝子(がらす) かるた
コマ・独楽(こま) サイコロ 凧(たこ)
玉・球・弾・珠(たま) トランプ トンボ玉・蜻蛉玉(とんぼだま)
パチンコ ビーズ 瓶(びん)
メンコ・面子(めんこ) やじろべえ ヨーヨー
ラムネ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス