びびる

【意味】 びびるとは、怖がって尻込みすること。

【びびるの語源・由来】

びびるは現代語のように思われがちだが、平安時代末期には既に使われていた。
びびるの語源は、大軍が動くときの鎧の触れ合う音が「びんびん」と響くことから、この音を「びびる音」と言ったことによる。
平家が現在の静岡県富士川あたりに陣を敷いた時、小鳥がいっせいに飛び立つ音を源氏軍が大挙して攻め込んでくる「びびる音」と勘違いし、平家軍はビビッて戦わずに逃げたという「富士川の戦い」は、歴史に名高い戦いとなっている。
江戸時代には、「はにかむ」という意味でもびびるは使われ、1765~1838年刊の川柳句集『誹風柳多留(柳樽)』には、「あいさつに男のびびる娵(よめ)の礼」の句がある。

【関連語】

戦・軍(いくさ) 往生際(おうじょうぎわ) 悍ましい(おぞましい)
恐ろしい(おそろしい) おっかない 音(おと)
驚く・愕く・駭く(おどろく) 戦く・慄く(おののく) 怯える・脅える(おびえる)
及び腰(およびごし) 気味が悪い(きみがわるい) ぎゃふん
怖い・恐い・強い(こわい) 強張る(こわばる) 尻(しり)
退く(しりぞく) 凄まじい(すさまじい) スリル
戦い・闘い(たたかい) たじろぐ 佇む(たたずむ)
たまげる 躊躇う(ためらう) テンパる
度肝を抜く(どぎもをぬく) 二の足を踏む(にのあしをふむ) はにかむ
パニック びっくり 響く(ひびく)
日和見(ひよりみ) 怯む(ひるむ) 踏ん切り(ふんぎり)
へっぴり腰(へっぴりごし) 洞ヶ峠(ほらがとうげ) 身の毛もよだつ
吝か(やぶさか) 鎧・甲(よろい) 戦慄く(わななく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス