ビール

【意味】 ビールとは、麦芽、ホツプ及び水を原料として発酵させたもの。麦酒(ばくしゅ)。

【ビールの語源・由来】

享保9年(1724年)にオランダ人が持ち込んだもので、オランダ語「bier」が語源である。
「bier」は、ラテン語で「飲む」を意味する「bibere」に由来する。
英語の「beer」は、日本語でも「ビア」「ビヤー」として明治時代に使われていたが、「ビアガーデン」「ビアホール」などの複合語以外では、あまり用いられなくなった。
初めて商品として輸入されたのは、明治元年(1868年)イギリス製の『バースビール』。
日本初の国産ビールは、明治3年(1870年)、アメリカ人のウィリアム・コープランドが横浜の天沼で作った『天沼ビール』『天沼ビヤザケ』と呼ばれるもの。
明治5年(1872年)、大阪の渋谷庄三郎が『渋谷ビール』を設立し、日本人として初めて国産ビールの醸造・販売を行った。

【関連語】

アルコール 泡盛(あわもり) ウイスキー
ウォッカ 枝豆(えだまめ) カクテル
カルバドス・カルヴァドス キール 貴腐ワイン(きふわいん)
コニャック サイダー 酒(さけ)
サワー シードル シェリー
シャンパン 焼酎(しょうちゅう) ジン
スパークリングワイン スピリッツ チューハイ・酎ハイ
テキーラ 屠蘇(とそ) 濁酒(どぶろく)
苦汁(にがり) バーボン ブランデー
ポートワイン ボジョレー・ヌーヴォー ホップ
水(みず) ムギ・麦(むぎ) ライ麦(らいむぎ)
ラム酒(らむしゅ) ラムネ リキュール
ワイン

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス