ベロタクシー

【意味】 ベロタクシーとは、三輪式の自転車タクシー。また、その運営システム。

【ベロタクシーの語源・由来】

ベロタクシーの「ベロ(VELO)」は、ラテン語で「自転車」を意味する。
ベロタクシーは、1997年、ドイツのベルリンで開発された高性能な自転車タクシーで、排気ガスを出さないことから環境にやさしい新しい交通システムとして注目され、ヨーロッパでは多くの都市が利用するようになった。
日本では、2002年4月に京都で初めてベロタクシーの運行が開始しされた。

【関連語】

オートバイ 籠・駕籠(かご) ガス・瓦斯(がす)
観光(かんこう) キャブ 車(くるま)
クレーン シャトルバス スクーター
大八車(だいはちぐるま) タクシー 旅(たび)
タンクローリー 単車(たんしゃ) ダンプカー
チャリンコ トラクター トラック
トラベル トレイン トレーラー
トロリーバス 猫車・ネコ車(ねこぐるま) バイク
ハイヤー 運ぶ(はこぶ) バス(車)
フォークリフト ブルドーザー 畚(もっこ)
リムジン リヤカー レッカー

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス