へちま

【意味】 へちまとは、ウリ科蔓性一年草。熱帯アジア原産。果実は細長の円柱形で深緑色。

【へちまの語源・由来】

へちまは、果実に繊維があるため、「糸瓜(イトウリ)」と呼ばれていた。
「イ」が略されて「トウリ」とも呼ばれるようになり、「唐瓜」の字も当てられた。
へちまの語源は、この「トウリ」の「ト」が、「いろは」の「へ」と「ち」の間にあるため、「へちの間」で「へちま」になったとする説が有力とされていた。
しかし、頭の「イ」が略された「トウリ」の頭「ト」を更にひねった説は、こじつけの感が強いため現在は有力とされておらず、へちまの語源は未詳となっている。
他の説では、何本もの繊維をまとめたような実がなることから、「綜筋実(ヘスヂミ)」とする説がある。

【関連語】

糸(いと) ウリ・瓜(うり) カボチャ・南瓜(かぼちゃ)
カモウリ・氈瓜(かもうり) カラスウリ・烏瓜(からすうり) キュウリ・胡瓜(きゅうり)
ゴーヤー シロウリ・白瓜(しろうり) スイカ・西瓜(すいか)
束子(たわし) 蔓(つる) ツルレイシ・蔓茘枝(つるれいし)
トウガン・冬瓜(とうがん) ニガウリ・苦瓜(にがうり) ハヤトウリ・隼人瓜(はやとうり)
パンプキン 瓢箪(ひょうたん) マクワウリ・真桑瓜(まくわうり)
実(み) メロン 夕顔(ゆうがお)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス