へびいちご

【意味】 へびいちごとは、バラ科ヘビイチゴ属の多年草。道端や畦(あぜ)、原野に自生する。クチナワイチゴ。毒イチゴ。蛇いちご。蛇イチゴ。

【へびいちごの語源・由来】

へびいちごは、漢名の「蛇苺」に由来する。
中国ではヘビが食べるイチゴと考えられていたことや、このイチゴを食べる小動物をヘビが狙うこと、ヘビの出そうな場所に生えることなどから、「蛇苺」と呼ばれるようになった。
へびいちごの別名「くちなわいちご」の「くちなわ」は、ヘビの異名。
「毒イチゴ」は、果実の赤く熟した色やヘビとの連想から付いた名で、果実に毒が含まれている訳ではない。
ただし、へびいちごの果実はあまり味がしないので、無毒ではあるが食用とされない。

【関連語】

アーモンド 赤(あか) 味(あじ)
畦(あぜ) アップル アプリコット
アンズ・杏子・杏(あんず) イチゴ・苺(いちご) イヌザクラ・犬桜(いぬざくら)
色(いろ) ウメ・梅(うめ) 大島桜(おおしまざくら)
カイドウ・海棠(かいどう) カリン・花梨(かりん) キイチゴ・木苺(きいちご)
草(くさ) 果物(くだもの) 蛇(くちなわ)
サクラ・桜(さくら) サクランボ サンザシ・山査子(さんざし)
シャリンバイ・車輪梅 ストロベリー スモモ・李(すもも)
ソメイヨシノ・染井吉野 食べる(たべる) チェリー
毒(どく) ナシ・梨(なし) ナナカマド・七竈(ななかまど)
バクチノキ・博打の木 ハマナス・浜茄子(はまなす) バラ・薔薇(ばら)
ピーチ 彼岸桜(ひがんざくら) ビワ・枇杷(びわ)
プラム フルーツ プルーン
ヘビ・蛇(へび) ボケ・木瓜(ぼけ) 実(み)
道(みち) モモ・桃(もも) 八重桜(やえざくら)
ヤマブキ・山吹(やまぶき) ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ) ラズベリー
リンゴ・林檎(りんご)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス