ヘビ

【意味】 ヘビとは、有鱗目ヘビ亜目の爬虫類の総称。熱帯・亜熱帯に多い。円筒形で細長く、うろこで覆われ、体をくねらせて前進する。カエル・ネズミ・小鳥や鳥の卵を捕食する。有毒種と無毒種がある。ながむし。くちなわ。かがち。

【ヘビの語源・由来】

ヘビの語源には、「ハヒムシ(這虫)」の略など這うように動く様子からとする説や、脱皮をすることから「ヘンミ(変身)」の転とする説、小動物を丸呑みするところから「ハム(食む)」の転といった説がある。
ヘビが体をくねらせて前進する姿は特徴的であるし、脱皮の「ヘンミ」が「ヘミ」「ヘビ」へと変化する過程で、「ビ(尾)」の意味が加わったとも考えられる。
また、「ハブ」や「ハミ(マムシ)」は、「ハム(食む)」からと考えられているため、「食む」を語源とする説も十分に考えられる。
古く、「ヘビ」は「ヘミ」と呼ばれており、「ヘミ」が変化して「ヘビ」になったと考えられているが、ヘビの方言には、「ヘミ」「ヘブ」「ヘベ」「ハビ」「ハベ」「ハム」「ハメ」「バブ」「パプ」「ヒビ」などのほか、これら二音の中間に「ン」を挟んだ「ヘンビ」「ヘンミ」など数多くの呼称があり、どの語が元で多くの方言が生じたか定かではないため、語源もどの説が正しいとは言い切れない。
漢字「蛇」の「它」は、頭の大きいヘビを描いた象形文字で、元々は「它」のみで「ヘビ」を表したが、「かれ」「それ」などの第三人称に「它」が転用されたため、「虫」を加えて「蛇」と表すようになった。

【関連語】

アオダイショウ・青大将 頭(あたま) アナゴ・穴子(あなご)
アナコンダ アマガサヘビ・雨傘蛇 アミメニシキヘビ・網目錦蛇
イモリ・井守(いもり) ウツボ ウナギ・鰻(うなぎ)
ウミヘビ・海蛇(うみへび) 鱗(うろこ) 蟒蛇(うわばみ)
尾(お) 大きい(おおきい) 大蛇(おろち)
カエル・蛙(かえる) カナヘビ・金蛇・蛇舅母 ガラガラヘビ・がらがら蛇
ガラスヒバア カラスヘビ・烏蛇(からすへび) 皮・革(かわ)
カワヘビ・川蛇(かわへび) 牙(きば) キングヘビ・キング蛇
クサリヘビ・鎖蛇(くさりへび) 草を打って蛇を驚かす 蛇(くちなわ)
蝮(くちばみ) くねる コブラ
サイドワインダー サトメグリ・里回り(さとめぐり) サンショウウオ・山椒魚
サンドバイパー シマヘビ・縞蛇(しまへび) ジムグリ・地潜(じむぐり)
蛇が蚊を呑んだよう 蛇口(じゃぐち) ジャケツイバラ・蛇結茨
ジャゴケ・蛇苔(じゃごけ) 蛇之助(じゃのすけ) 蛇の寿司(じゃのすし)
ジャノヒゲ・蛇の鬚 蛇の道は蛇(じゃのみちはへび) 蛇の目(じゃのめ)
蛇は一寸にして人を呑む 蛇腹(じゃばら) ジャムシ・蛇虫(じゃむし)
春蚓秋蛇 常山の蛇勢 シロマダラ・白斑(しろまだら)
スネーク 大蛇を見るとも女を見るな 蛇行(だこう)
蛇足(だそく) 竜・龍(たつ) 食べる(たべる)
卵・玉子(たまご) 長蛇(ちょうだ) 長蛇を逸する
ツチノコ・槌の子(つちのこ) トカゲ・蜥蜴・石竜子(とかげ) 毒(どく)
塒・蜷局(とぐろ) ドジョウ・泥鰌(どじょう) ドラゴン
トリ・鳥(とり) ナマコ・海鼠(なまこ) ナマズ・鯰(なまず)
ニシキヘビ・錦蛇(にしきへび) ネズミ・鼠(ねずみ) ネズミトリ・鼠取り・鼠捕り
パイソン 杯中の蛇影 這う(はう)
ハダカヘビ・裸蛇(はだかへび) ハブ・波布・飯匙倩(はぶ) ハミ・蝮(はみ)
ハモ・鱧(はも) ヒバカリ・日計・竹根蛇 ヒャッポダ・百歩蛇
ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご) ヘビガイ・蛇貝(へびがい) ヘビクイワシ・蛇食鷲
ヘビトンボ・蛇蜻蛉 蛇に睨まれた蛙 蛇の生殺し
ヘビノボラズ・蛇上らず 封豕長蛇(ほうしちょうだ) ボア(ヘビ)
マムシ・蝮(まむし) 身(み) 巳・巳年(み・みどし)
ミミズ・蚯蚓(みみず) 虫(むし) メガネヘビ・眼鏡蛇
メクラヘビ・盲蛇(めくらへび) ヤシキマワリ・屋敷廻り ヤツメウナギ・八目鰻
藪蛇(やぶへび) ヤマカガシ・赤楝蛇・山楝蛇 蟒蛇(やまかがち)
八岐大蛇(やまたのおろち) ヤモリ・守宮(やもり) 竜・龍(りゅう)
竜頭蛇尾(りゅうとうだび) ワニ・鰐(わに)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

蛇(へび)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
蛇のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典
「蛇」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス