へべれけ

【意味】 へべれけとは、意識や記憶を失うほど酒に酔ったさま。ヘベレケ。

【へべれけの語源・由来】

ヘーベーのお酌という意味のギリシア語「ヘーベー・エリュエケ(Hebeerryk)」が短縮されたとする説が、定説かのごとくいわれている。
ヘーベーとは、ギリシア神話に出てくる青春を司る女神の名前で、ゼウスとヘーラーの間に生まれ、ヘラクレスと結婚をしている。
ギリシア神話が日本に伝わり、ヘーベーのお酌という意味が現在使われている「へべれけ」の意味に転じた由来は未詳で、へーベーにお酌してもらった神々は、喜んで何杯も飲み干し泥酔してしまったと考え、へべれけになったといわれる。
この説は正確な語源とされておらず、へべれけに近い擬態語には、「へろへろ」「べろべろ」「べろんべろん」など数多くあるため、それらと同系と考えるのが妥当であろう。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス