勉強

【意味】 勉強とは、学問や技芸を学ぶこと。経験を積んで学ぶこと。商品を値引きして安く売ること。物事に精を出すこと。努力すること。

【勉強の語源・由来】

勉強は「勉め強いる」で、本来は気が進まないことを仕方なくする意味であった。
商人が頑張って値引きをする意味の「勉強」は、学問や技芸を学ぶ意味の「勉強」よりも古く、江戸時代から使われている。
明治以降、知識を得るために努力することが美徳とされるようになったことから、「勉強」は「学習」とほぼ同じ意味で使われるようになり、一般的に「学習」を意味するようになった。

【関連語】

赤字(あかじ) あんちょこ 勤しむ(いそしむ)
一夜漬け(いちやづけ) 収める・納める・治める・修める お浚い(おさらい)
教える(おしえる) 覚える(おぼえる) おまけ
温故知新(おんこちしん) 書く・描く・画く(かく) 学生(がくせい)
学ラン(がくらん) 学校(がっこう) ガリ勉(がりべん)
カルチャー 考える(かんがえる) カンニング
頑張る(がんばる) 驥尾に付す(きびにふす) 教育(きょういく)
教科書(きょうかしょ) 教師(きょうし) クリアランスセール
稽古(けいこ) 計算(けいさん) 蛍雪の功(けいせつのこう)
コーチ サービス 強いる(しいる)
仕付け・躾(しつけ) 指南(しなん) 塾(じゅく)
調べる(しらべる) 知る(しる) スクール
スパルタ教育(きょういく) 生徒(せいと) 切磋琢磨(せっさたくま)
先生(せんせい) 算盤(そろばん) 机(つくえ)
付け焼刃(つけやきば) 努める・勉める(つとめる) ディスカウント
テスト 寺子屋(てらこや) 虎の巻(とらのまき)
努力(どりょく) トレーニング 習う・倣う・慣らう(ならう)
バーゲン 励む(はげむ) 負ける(まける)
マスター 学ぶ(まなぶ) 安い・易い(やすい)
読む・詠む(よむ) 落第(らくだい) 浪人(ろうにん)
分かる・解る・判る(わかる)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス