弁慶の泣きどころ

【意味】 弁慶の泣きどころとは、向こう脛。弱点や急所のたとえ。弁慶の泣き処。

【弁慶の泣きどころの語源・由来】

向こう脛の骨が、他所に比べて比較的表面に近いところにあり、武蔵坊弁慶ほどの豪傑でも蹴られれば痛くて泣くことから、向こう脛の別称、急所や弱点のたとえとして用いられるようになった。
第二関節を折り曲げて力を入れようとしても力が入らないことから、中指の第一関節から先の部分のことともいわれるが、弁慶が泣くような箇所であるか不明。
一節には、盆の窪であったともいわれる。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス