ベーコン

【意味】 ベーコンとは、豚のばら肉を塩漬けにして燻製にした食品。

【ベーコンの語源・由来】

英語「bacon」からの外来語。
「bacon」はゲルマン祖語で「背」「背中」を意味する「bakkon」からで、「bakkon」から豚の背やバラ肉を塩漬けにして燻製にしたものを「bahho」と言うようになった。
これがフランス語で「bacon」となり、同じく英語でも「bacon」となった。
語源からすると本来はロース肉で作ったものを指すはずであるが、主にバラ肉を用いて作られたことから、バラで作ったものを「ベーコン」と言い、ロースで作ったものを「カナディアンベーコン」、肩肉で作ったものは「ショルダーベーコン」と呼ぶようになった。
また、日本では豚以外にクジラの肉で作った「鯨ベーコン」がある。

【関連語】

燻る(いぶる) ウインナー 肩(かた)
クジラ・鯨(くじら) コンビーフ サラミ
塩(しお) 背・背中(せ・せなか) ソーセージ
チャーシュー・叉焼 チョリソー 肉(にく)
ハム バラ肉(ばらにく) ビーフジャーキー
ブタ・豚(ぶた) フランクフルト ボローニャ・ボロニア
ミンチ ランチョンミート ロース

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス