パンプキン

【意味】 パンプキンとは、かぼちゃ。

【パンプキンの語源・由来】

パンプキンは英語「pumpkin」からの外来語で、その語源は「熟す」を意味するギリシャ語「peptein」である。
これが「太陽に当たり熟した状態」を意味する「pepon」となり、食用になるひょうたんや大型のメロンなどのウリ類をさす言葉として「pepon」が用いられるようになった。
「pepon」がラテン語を経由してフランス語に入り、鼻音化されて「pompon」となり、フランス語でもメロンなどのウリ類を表す語として用いられた。
「pompon」が英語に入って「pompion」「pumipion」となり、小さいものを表す「-kin」がついて「pumpkin(パンプキン)」となった。

【関連語】

ウリ・瓜(うり) カボチャ・南瓜(かぼちゃ) カモウリ・氈瓜(かもうり)
カラスウリ・烏瓜(からすうり) キュウリ・胡瓜(きゅうり) ケーキ
ゴーヤー シロウリ・白瓜(しろうり) スイカ・西瓜(すいか)
スープ タルト 小さい(ちいさい)
ツルレイシ・蔓茘枝(つるれいし) トウガン・冬瓜(とうがん) ニガウリ・苦瓜(にがうり)
パイ ハヤトウリ・隼人瓜(はやとうり) ハロウィン
瓢箪(ひょうたん) プリン ヘチマ・糸瓜(へちま)
マクワウリ・真桑瓜(まくわうり) メロン 夕顔(ゆうがお)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス