パステル

【意味】 パステルとは、粉末顔料に白粘土をまぜ、アラビアゴムなどの溶剤で棒状に練り固めたもの。また、これで描いた絵「パステル画」の略。

【パステルの語源・由来】

パステルは、フランス語「pastel」からの外来語。
「pastel」は「paste」+「-el(指小辞)」からなる言葉で、練り固めるところから付いた名。
パステルは18世紀のロココ時代に流行しているが、パステルに似た画材は14世紀頃からあったといわれる。

【関連語】

アート イラスト 色(いろ)
インキ・インク 絵・画(え) 鉛筆(えんぴつ)
書く・描く・画く(かく) カラー カラス口・烏口(からすぐち)
キャンバス グラフィック クレパス
クレヨン クロッキー ゴム
コンテ シャープペンシル スケッチ
硯(すずり) 炭・墨(すみ) チョーク
デザイン デッサン テンペラ
練る・錬る・煉る(ねる) パステルカラー フェルトペン
筆(ふで) ペイント ペンキ
ペンシル 棒(ぼう) ボールペン
マジックインキ 万年筆(まんねんひつ) 矢立て(やたて)
落書き(らくがき)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス