パンダ

【意味】 パンダとは、食肉目の哺乳類。ジャイアントパンダとレッサーパンダの二種類だが、普通、ジャイアントパンダをさす。熊猫。

【パンダの語源・由来】

パンダ(panda)は、「竹を食べるもの」を意味するネパール語「ニガリヤ・ボンヤ(ポニヤ)(nigalya ponya)」に由来する説と、「手のひら」を意味する「パンジャ(panja)」に由来する説があり、「竹を食べるもの」からの「ponya」が有力とされているが未詳。
本来は、レッサーパンダを指して「パンダ」と呼んでいたが、ジャイアントパンダが発見されたことで、主にジャイアントパンダを「パンダ」と呼び、レッサーパンダは小さいパンダの意味で「lesser panda」と呼ばれるようになった。
中国語でパンダを「熊猫」と呼び、「猫」の字が使われているが、これも本来のパンダがレッサーパンダであったことに由来する。
ジャイアントパンダは「大熊猫」、レッサーパンダは「小熊猫」という。

【関連語】

アナグマ・穴熊(あなぐま) アライグマ・洗熊・浣熊 大きい(おおきい)
客寄せパンダ(きゃくよせぱんだ) クマ・熊(くま) コアラ
ジャイアント シロクマ・白熊(しろくま) タケ・竹(たけ)
食べる(たべる) 小さい(ちいさい) ツキノワグマ・月輪熊
手のひら(てのひら) ネコ・猫(ねこ) ヒグマ・羆(ひぐま)
ホッキョクグマ・北極熊

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス