パエリア

【意味】 パエリアとは、米と肉・魚介類・野菜などの具材を、オリーブオイルとサフランを加えて煮込んだスペイン料理。パエリヤ。パエーリャ。

【パエリアの語源・由来】

パエリアは、スペイン語「paella」からであるが、これは元々「金属製の鍋」を指す言葉で、金属製の専用鍋を用いて調理することから米料理の名前となった。
「paella」は、ラテン語で「開いている」「蓋のない」を意味する「pateo」、「浅い皿」を意味する「patera」などが語源で、カタロニア語で「paella」となった。
スペイン語の「paella」は、「パエジャ」に近い発音に聞こえるが、日本では「パエリア」「パエリヤ」「パエーリャ」と呼ばれる。
日本でバレンシア風パエリアと言えば、イカやエビなどの魚介類が入った海鮮料理として知られているが、現地では必ずしも魚介類を入れるわけではなく、魚介類の入ったものは「paella mixta(ミックス・パエリア)」と呼ばれる。
また、元来のパエリアは、ウサギの肉を使ったものであったといわれている。

【関連語】

浅い(あさい) 油・脂・膏(あぶら) アランチーニ
イカ・烏賊(いか) ウサギ・兎(うさぎ) エビ・海老・蝦(えび)
オイル オートミール お粥(おかゆ)
おこわ おじや おにぎり
おむすび オムライス オリーブ
貝(かい) ガスパッチョ かやくご飯(かやくごはん)
カレー クッパ コシード
御飯(ごはん) 米(こめ) 魚(さかな)
サフラン サムゲタン 皿(さら)
ジャンバラヤ スープ 寿司・鮨・鮓(すし)
雑炊(ぞうすい) 粽(ちまき) チャーハン・炒飯
チュロス チョリソー トマト
ドリア トリハス トルティーヤ
七草粥(ななくさがゆ) 鍋(なべ) 肉(にく)
煮る(にる) ハヤシライス ビーフストロガノフ
ビビンバ 開く(ひらく) ピラフ
蓋(ふた) フライパン 飯(めし)
ライス リゾット 料理(りょうり)
ロコモコ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス