パチンコ

【意味】 パチンコとは、ガラス板で覆われた垂直の盤面に、釘などの障害物と数個の穴があり、銅製の玉を穴に入れると多くの玉が出るゲーム。獲得した玉の数に応じて景品と交換できる。

【パチンコの語源・由来】

パチンコの語源は、「パチン」という擬音に接尾語の「コ」が付いたものである。
大正時代に大阪で立体型のコリントゲームが流行し、名古屋・金沢と広まった際、金沢で「パチンコ」の名称が生まれたとされるが定かではない。
また、「パチンコ(普通、ひらがなで「ぱちんこ」と表記される)」の語は、Y字形の木や金具にゴム紐を張り、小石などを挟んで飛ばす玩具や、ピストルの俗称でもある。
これらも、擬音「パチン」に接尾語「コ」が付いたもので、小さな玉を飛ばすことでは共通している。
遊技そのものの歴史ではなく、「パチンコ」という語の語源としては同一である。

【関連語】

遊び(あそび) 穴・孔(あな) 穴一(あないち)
石(いし) おいちょかぶ オモチャ・玩具(おもちゃ)
カジノ ガラス・硝子(がらす) ギャンブル
釘(くぎ) サイコロ ダービー
玉・球・弾・珠(たま) 寺銭(てらせん) 胴元(どうもと)
トトカルチョ 賭博(とばく) 呑み屋(のみや)
博打(ばくち) ビー玉(びーだま) 平仮名(ひらがな)
ピストル マージャン・麻雀(まーじゃん) ロト

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス