ハリケーン

【意味】 ハリケーンとは、カリブ海・メキシコ湾・北大西洋西部・北太平洋東部に発生する、発達した熱帯低気圧のうち、最大風速が毎秒32.7メートル以上のもの。

【ハリケーンの語源・由来】

ハリケーンは、スペイン語「huracan(ウラカーン)」の転訛とされる。
ウラカーンは、古くカリブ海沿岸で「暴風の神」のことをさし、スペインの船乗りが「とぐろを巻く」という意味で用いて、「ハリケーン」の意味となった。

【関連語】

雨(あめ) 嵐(あらし) 霰(あられ)
雷(いかずち) イナズマ・稲妻(いなずま) 海(うみ)
颪(おろし) 風・風邪(かぜ) 神(かみ)
カミナリ・雷(かみなり) 狐の嫁入り(きつねのよめいり) 雲(くも)
曇り(くもり) 木枯らし(こがらし) 東風(こち)
サイクロン 五月雨(さみだれ) 時雨(しぐれ)
時化(しけ) 篠突く雨(しのつくあめ) ストーム
戦ぐ(そよぐ) 空(そら) 台風(たいふう)
津波(つなみ) 梅雨(つゆ) 天気(てんき)
菜種梅雨(なたねづゆ) 塒・蜷局(とぐろ) 疾風(はやて)
春一番(はるいちばん) 晴れ(はれ) 氷雨(ひさめ)
雹(ひょう) 吹く(ふく) 船・舟(ふね)
吹雪(ふぶき) 霙(みぞれ) メイストーム
雪(ゆき)

【関連リンク】

ハリケーン(hurricane)の意味・類語・同音異義語

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス