ハヤシライス

【意味】 ハヤシライスとは、薄切りの牛肉と玉ねぎなどの野菜を炒め、トマト味のソースや赤ワインを加えて煮込み、飯の上にかけた日本独特の洋風料理。

【ハヤシライスの語源・由来】

ハヤシライスの語源を大まかに分けると、人名に由来する説、英語「hashed(ハッシュド)」に由来する説、「早い」に由来する説がある。
人名に由来する説は、丸善の創業者である早矢仕有的が考案したことから「ハヤシライス」になったとする説や、レストラン『上野精養軒』の林というコックが考案したことから「ハヤシライス」になったとする説がある。
英語「hashed(ハッシュド)」に由来する説は、「hashed beef with rice(ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス)」など「ハッシュドビーフ」を基にした説で、その略や、「hashed(ハッシュド)」が訛って「ハヤシ」になり「ハヤシライス」なったといわれる。
「早い」に由来する説は、肉食が解禁されたばかりの時期で、まだ牛肉が受け入れられていなかったことから、この料理を食べると「早死にする」と言われ、「ハヤシライス」と呼ばれるようになったとする説や、注文してすぐに出るので「早しライス」から「ハヤシライス」になったとする説である。
ハヤシライスとハッシュドビーフは基本的に似た食べ物で、音も近いことから最も有力とされるが、「ハッシュ(ハッシュド)」から「ハヤシ」への変化は考え難いものがある。
次いで有力とされる丸善の「早矢仕ライス」の説は、出来すぎた話との見方が強いが、早矢仕が贔屓にしていた「三河屋」でハッシュドビーフが流行っており、これをご飯にかけたことから「ハヤシライス」になったともいわれ、全く関係ないとも言い切れない。
「ハッシュ」から「ハヤシ」への不自然な音変化は、「ハッシュ」と「早矢仕」が掛けられたものか、「ハッシュ」を日本人が聞きなれた「ハヤシ(林)」という音に近づけたものと考えれば不自然ではなく、「ハヤシライス」は複合要因で生まれた名前と考えるのが妥当であろう。

【関連語】

アランチーニ 炒める(いためる) ウシ・牛(うし)
オートミール お粥(おかゆ) おこわ
おじや おにぎり おむすび
オムライス かやくご飯(かやくごはん) カレー
クッパ コック 御飯(ごはん)
米(こめ) サムゲタン シチュー
死ぬ(しぬ) ジャンバラヤ 寿司・鮨・鮓(すし)
雑炊(ぞうすい) ソース タマネギ・玉葱(たまねぎ)
粽(ちまき) チャーハン・炒飯 デミグラスソース・ドミグラスソース
トマト ドリア 七草粥(ななくさがゆ)
名前(なまえ) 肉(にく) 煮る(にる)
パエリア ビーフストロガノフ 早い・速い(はやい)
林(はやし) 贔屓(ひいき) ビーフ
ビーフストロガノフ ビビンバ ピラフ
ブイヨン ブラウンソース ミネストローネ
飯(めし) ライス リゾット
料理(りょうり) レストラン ロコモコ
ワイン

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス